この一週間、特になし・・・

またぞろコロナウィルスの感染が急拡大しています。自粛生活は続きます。この一週間も何もなく無事に過ぎました。
IMG_0940.JPG
6月30日、自転車で金杉谷津に行きました。途中休耕田で保育園の田植えがありました。
IMG_0930.JPG
先生から苗をもらい泥田に植えていきます。素足に泥の感触は気持ちいいでしょうか?
IMG_0933.JPG
帰り畑に寄って、スイカを収穫しました。
IMG_0948.JPG
家に帰り、まずは遊びます。その後食したスイカはまだ少し早かったのか、少し甘さが足りませんでした。
IMG_0961.JPG
7月2日梅雨の晴れ間の空に夕焼けがきれいでした。西の空の夕焼けです。
IMG_0971.JPG
東は幕張方面です。超高層ビルが真っ赤に燃えていました。昔観た映画の一場面のようでした。
IMG_0969.JPG
7月5日、ニッコウキスゲもそろそろ見納めかと思い金杉谷津に行きました。
IMG_0973.JPG
まだまだきれいで来週も楽しめそうです。帰る頃にはポツポツ雨が振り出し、本降りになか濡れネズミになり帰りました。
IMG_0976.JPG
7月6日、1年前の今日は同期の北海道旅行でした。十勝牧場での一枚。一年後がこんなことになっているとは思いもよりません。みんな屈託なく笑っています。毎日続く自粛生活、この何もない日常が思い出になればいいのですが・・・
DSC00236.jpg

久しぶりに金杉谷津に行きました

雨や曇天が続く中、昨日はハッとするようなきれいで壮大な夕焼けでした。刻々と色が変わり何度もシャッターを切りましたが、これが一番きれいな色だと思います。
DSC_0019.JPG
今日は朝から金杉にいきました。6月の里山ボラは雨にたたられありません、久しぶりにどうなっているのか観に行きたくなりました。
DSC_0051.JPG
万緑の里山は満開のアジサイが迎えてくれました。
DSC_0023.JPG
そしてニッコウキスゲのオレンジの花も満開になっていました。
DSC_0027.JPG
長野や日光の高原では大勢の観光客でこの時期賑わいますが、今年はどうでしょう?ここ船橋の金杉は誰もいません。規模は小さいですが秘密の花園といったところでしょうか。
DSC_0024.JPG
湿原にはミソハギも咲きだしました。
DSC_0043.JPG
春には澄み切っていた上ノ池は一面の泥沼に変わっていました。歩くごとにポチャッと音がします。驚いたカエルが飛び込むのでしょう。でも全然姿は見えません。
DSC_0030.JPG
ドロガメ兄弟が逃げようか思案中です。
DSC_0036.JPG
下ノ池はきれいに澄んでいます。上ノ池とつながっているのですが、不思議です。ヤンマが飛んでいるのですがとらえきれません。
DSC_0033.JPG
小一時間見て回りました。涼しかった空気がいまはムシムシして汗がじっとりでてきます。農園を回ってズッキーニを収穫して帰ります。毎日毎食ズッキーニを食べています。今に夢にみるでしょう。
DSC_0034.JPG

梅雨空のもと海老川は流れる

今年は梅雨らしい日が続きます。
IMG_0852.JPG
雨が上がったので散歩に出たのですが、この有様です。
IMG_0854.JPG
しばし勢いよく流れる川面を眺めます。花の時期を過ぎて何もない海老川でなんということもない話題です。
IMG_0855.JPG
梅雨にはカタツムリ。アジサイに居てくれたら絵になるのですが、あいにくコンクリート塀でした。
IMG_0876.JPG
カニもこの時期、路に現れます。
IMG_0882.JPG
カルガモの親子が水草を食べている光景に出会いました。以前のヒナはすっかり大きくなりました。6羽ちゅう2羽が育ったことになりました。
IMG_0862.JPG
こちらは梅雨の晴れ間の散歩の時見つけました。川の中程に新たなカルガモの親子です。
IMG_0836.JPG
またまたヒナ6羽をつれています。翌日は梅雨空に戻り川は濁流になりました。この親子の姿はその後見ていません。
IMG_0838.JPG
木陰のベンチでやすんでいると、ジジジジという声と共にやせっぽちのシジュウカラの群れが来ました。少しも人を恐れずすぐ近くまで来たので撮れました。巣立ったばかりの子供のようです。この時期は生き物が巣立つ時期なのかもしれません。
IMG_0873.JPG
最後は野良ネコの家です。雨がかからないように誰か傘を差し掛けてくれています。ここにいて誰かネコ好きが餌を運んでくるのを寝て待つのでしょう。
IMG_0878.JPG
先日、BSで「フリーソロ」というドキュメント映画を観ました。素手でヨセミセにある1000mもの岸壁を登る偏屈な若者の話です。
IMG_0845.JPG
垂直な岸壁に両手足で張り付いて一歩づつ登っていく訳だけど、一つミスをすれば落下=死です。1回に50cm登れるとして、50cm登るのに両手足で4回岸壁を確保するわけで1000m登り切るには8000回岸壁を確保するわけで、その間1度のミスも許されない訳です。
IMG_0849.JPG
これにはしびれました。それ以来イライラしたりするとこのことを思い浮かべるようにしています。慎重に丁寧に忍耐強く、これは人生の鉄則なのかもしれません。
IMG_0705.JPG

新生活様式

小さいながらも我が農園、野菜たちは健気にすくすく育っています。手前からサツマイモ、エダマメ、奥がズッキーニとスイカです。自粛生活に入ったとき市民農園に応募して当選したものです。お出かけの代わりに農園通いが我が家の新生活様式です。
IMG_0792.JPG
まずはズッキーニ、先月までひよひよした苗でこれで育つのだろうか?と心配したのですが、今月に入りグングン育ち、いまはふてぶてしくさえ見えます。
IMG_0794.JPG
本には早朝に人工授精が必要かも?と書いてありましたが、そこはそれちゃんと実りました。
IMG_0793.JPG
スイカは蔓を四方八方に伸し、お隣さんまで侵入する勢いだったので、慌てて境にネットを張り巡らしました。ヨシ原からくすねてきたワラも敷きました。
IMG_0796.JPG
葉っぱの下にスイカができていました。野菜とはかくも偉大なものなりと、畏怖の念さえ覚えました。素人農業は楽しいです!
IMG_0795.JPG
こちらは生まれたてのスイカです。可愛くてほおずりしたくなります。でもスイカを大きく育てるため涙をのんで摘果します。
IMG_0797.JPG
話は変わって体重計です。自粛生活で2月から飲み屋にいっていません。家では夕食時カンビール1本で十分です。おかげでこの3ヶ月で3キロ痩せました。
IMG_0789.JPG
自粛生活では空もよく見るようになりました。ほんとうに月日が経つのが早いと夕焼けをみてしみじみ思います。今日も何をやったかわからないまま日が暮れます。
IMG_0781.JPG

海老川の小さな出来事(続編)

市民農園に植えたスイカのツルが伸びました。園芸の本にワラを敷くようでていました。
IMG_0696.JPG
それで海老川緑道の東隣にある葦原にワラを探しに行きました。何しろ広大な遊水池です。ワラぐらいどこにでもあるでしょう。
IMG_0742.JPG
歩いて行くときれいなショウブが咲く場所にでました。
IMG_0717.JPG
緑一色のなかにハナショウブの鮮やかな色彩が浮き上がり、オーと思いました。
IMG_0720.JPG
ここは金杉谷津と同じように地元のボランティアがやっていることがわかりました。
IMG_0725.JPG
隣はワイルドフラワーの花畑でした。
IMG_0726.JPG
花畑は広大で昨年行った北海道を連想しました。観ているのは私一人でなんとも贅沢です。
IMG_0724.JPG
ワラを採取する場所を確認して、道路を渡り海老川に戻りました。支流との合流地点のサワグルミの枝越しに何か動くものを見つけました。
IMG_0740.JPG
動くものを目で追い続け開けたところまできたのはカルガモ3羽でした。そして後ろの2羽はどうやら若いカモです。察するに、先月以来姿の見えなかったあの子ガモだと思います。生きて大きくなっていたのです!2羽ですが。
IMG_0737.JPG
これは先月11日に撮ったものです。このときは3羽でよちよち歩きのほんのヒナでした。場所も水が注ぐ開けたところ。他人(鳥)のことながらカラスの餌食になるのではと心配でした。
IMG_0595.JPG
先月以来、すっかりだめだと思っていた子ガモが2羽ですが大きく成長していました。上空から見つけにくい木の茂ったところで、親子はひっそり生きていました。自然はなかなかしたたかです。今日はいろいろいいことがありました。
IMG_0739.JPG

海老川の小さな出来事

「忘れないで、忘れないで時は流れ過ぎても・・・」五月のバラを観ると、このフレーズを思い出します。快晴よりどんよりした空のほうが五月のバラにはふさわしいと思います。
IMG_0665.JPG
海老川は雑草が茂り、緑一色のなかに沈んでいます。
IMG_0660.JPG
河の中州にカルガモがただ一羽、身動きもしません。
IMG_0659.JPG
前回、3羽の子ガモを引き連れていたカモかもしれません。あれ以来子ガモの姿はありません。そう思うと悲しみに必死に耐えているようにみえます。
IMG_0658.JPG
橋の下で女たちがぺちゃぺちゃ楽しげです。なにやら野の草を一杯取ってきて、河水で洗っています。今日の食卓に上るのでしょうか?きっとふるさとの国では普通の光景なのでしょう。
IMG_0656.JPG
その楽しげな景色に、少し気分も上向きになります。毎日散歩をすると河の流れに沿って小さな出来事がいろいろ起こります。
IMG_0657.JPG

自粛生活のささやかな楽しみ

一昨日、オンライン飲み会なるものに初挑戦しました。自粛生活に入ってからビール1缶飲むことで毎日過ごしていました。今日はワインのボトルとチーズを用意しました。
IMG_0649.JPG
いろいろトラブルがあったものの、なんとかブログ商店街の4店主が画面に現れ久しぶりの再会となり、お互いの無事を喜びました。一人晴庵和尚だけが、静止画像が多く月からの画像のようで臨場感満載でした。1時間でしたが、ワインを半分飲んでしまいました。
IMG_0650.JPG
この日は午前中、市民農園に育てたズッキーニの苗を植えにいきました。
IMG_0639.JPG
サツマイモ、エダマメ、スイカ、ズッキーニなどを植えました。周りの区画を見渡すと、みんなプロのように手慣れてみえて、初心者はなんとなく恥ずかしいです。
IMG_0641.JPG
農園の帰り道、海老川でカルガモの親子を見かけました。かわいらしい子ガモ3羽です。海老川でははじめての出来事です。
IMG_0604.JPG
このあたりカラスもネコもいますので、無事に育つか心配になります。
IMG_0594.JPG
さらに川の中ほどを悠々と泳ぐオオナマズを見つけました。これもはじめてです。
IMG_0605.JPG
ヒョウタンナマズを自称している手前、なんとなく近親感を感じしばらく眺めていました。
IMG_0606.JPG
この日は五月晴れ。ハナショウブが五月の空に咲き誇っていました。長引く自粛生活、なんていう事ないものを見つけて喜んでいます。
IMG_0601.JPG